XMTrading

XMの経済指標カレンダーとは?見方・使い方・注意点を徹底解説!

XMの経済指標カレンダーとは?見方・使い方・注意点を徹底解説!
この記事で分かること
  • 経済指標カレンダーとは?
  • XMの経済指標カレンダーの見方・使い方
  • 注意すべき経済指標5選
  • XMで経済指標トレードを行う注意点

こんにちは、ブチにゃんです!

皆さんはFX取引をする際に「経済指標」に注意したトレードを日々行っていますか?

ブチにゃん
ブチにゃん
経済指標は国別に景気状況等の良し悪しを示す数値の事だね!名前は来たことがあるけど、あんまりチェックしたことは無いなぁ。
いなり先生
いなり先生
FXトレーダーなら日々の経済指標チェックを欠かしてはダメだよ!

XM(XMTrading)では経済指標の発表日時・内容・予想数値を一覧でまとめた「経済指標カレンダー」を提供しており、経済指標カレンダーを使うことで1日の各国の経済指標が一目で確認できます。

FXの世界で生き残っていくには経済指標の把握が必要不可欠。そこで今回は注意すべき経済指標を紹介すると共に、XMの経済指標カレンダーの使い方・トレード方法について紹介していきます。

「FXで稼いでいきたい」と考えている人はぜひ参考にしてください!

XMの口座開設はたったの3分で完了!スタンダード口座・レバレッジ888倍・MT5でFXを始めよう!

XMでトレードを始める!

経済指標カレンダーとは?

XMの経済指標カレンダーとは「経済指標が何月何日・何時何分に発表されるかというスケジュールを記載したカレンダー」のことです。

経済指標とは?

経済指標とは経済状況を構成する要因である「物価、金利、景気、貿易」などを数値化したもの。経済指標の増減によって景気などの良し悪しが一目で分かるため、その国の通貨需要に大きな影響を及ぼす。

XM(XMTrading)の経済指標カレンダーで経済指標を確認する

XMの経済指標カレンダーでは経済指標の重要度、予想数値、前回数値まで詳しく記載されているため、経済指標に関してはXMの経済指標カレンダーを確認しておけば問題ありません。

経済指標によっては暴落・高騰を引き起こす内容や重要度のものもあるため、毎日1度は確認するようにしておきましょう!

いなり先生
いなり先生
経済指標カレンダーを確認したい人は【XMの経済指標カレンダー】からどうぞ!

XMの経済指標カレンダーの見方

XMのXMの経済指標カレンダーの見方は非常にシンプル。まずは経済指標カレンダーを開いてみてください!

XMの経済指標カレンダーは下記のように表示されます。基本的に見ておくべき箇所は「時間」「通貨(国)」「重要性(相場への影響度)」「指標名」の4つです。

XMの経済指標カレンダーはフィルターで必要な通貨ペアを絞り込める

フィルターで国・日時を絞り込めるため、まずは自分が取引をしている通貨ペアの指標だけは必ず確認するようにしておきましょう。

XM(XMTrading)の経済指標カレンダーは無料で利用することができるので、これを機にぜひブックマークすることをオススメします!

トレードの際に注意すべき経済指標5選

経済指標には国ごとに様々な種類がありますが、特に為替相場への影響力が大きい「雇用統計」「小売売上高(米国)」「FOMC政策金利発表(米国)」「消費者信頼感指数(米国)」「国内総生産(米国)」の5つは必ず注意しておきましょう。

基本的に世界の基軸通貨であるドル関連の指標がほとんどです。それでは各経済指標について詳しく説明していきます。

雇用統計(米国)

米国雇用統計は「毎月第1金曜日」に発表される、アメリカの雇用情勢について集計された経済指標になります。

アメリカの企業・政府機関など合計16万社からデータを集めて、10個の項目別に統計が算出されており、中でも重要な数値が「非農業部門雇用者数」「失業率」です。

非農業部門雇用者数は、農業部門以外の産業分野において、企業・政府機関に雇用されている人数になります。

失業率は、16歳以上の働く意思を持つ人たちの中で失業者が占める割合です。ここでいう「失業者」とは「求職活動を行っているにも関わらず、失業の状態である人」の事であり、過去4週間以内に求職活動しなかった人は失業者としてはカウントされません。

ブチにゃん
ブチにゃん
米雇用統計は経済指標の中でも最も有名!毎月第1金曜日はトレード控えるというトレーダーも多いくらいだよ。

小売売上高(米国)

小売売上高とはアメリカ合衆国のスーパー・百貨店などの小売企業の月間売上高を表す経済指標のことで、毎月第2週に発表されます。

米国は消費大国ということもあり、個人消費がGDPに与える影響は非常に大きいです。

そのため小売売上高の増減を把握することで「米国の個人消費の動向」を掴むことが可能になるため、小売売上高が増加した場合は個人消費が順調に伸びていると判断してよいでしょう。

FOMC政策金利発表(米国)

FOMCとは「Federal Open Market Committee」の略称で、日本語で「連邦公開市場委員会」という名称です。

FOMCではアメリカの金融政策に関する重要な決定が行われ、特にFOMCが発表する政策金利発表は為替レートに大きな影響を与えます。

いなり先生
いなり先生
政策金利はFXにおけるスワップポイントに直接影響してきます。
XMのスワップポイントの見方や発生時間を解説|スワップ狙いで稼ぐことは可能?
XMのスワップポイントの見方や発生時間を解説|スワップ狙いで稼ぐことは可能?XM(XMTrading)のスワップポイントの見方・発生時間・を解説。スワップポイント狙いで稼ぐことが出来るのかどうかも検証しています。スワップポイントを有効活用するならレバレッジの高いXMTradingがオススメ。...

政策金利が市場の予想に反して上昇・下降する場合は相場が急変動することもあるので注意してください。

消費者信頼感指数(米国)

消費者信頼感指数とは消費者のマインドをアンケートによって調査して、指数化した経済指標になります。

消費者信頼感指数は個人消費やGDPとの関係性が深いため、小売売上高やGDPといった数値の先行指標(事前に傾向が読める指標)となりやすいです。

有名どころの消費者信頼感指数としては米民間経済研究所が発表するCCIなどが挙げられます。

国内総生産(米国、日本)

国内総生産は一定の期間内で創出された付加価値の総額であり、英語で「Gross Domestic Product(GDP)」と呼ばれています。

GDPを把握することで国内経済の全体的な動向を把握することが可能になり、特にアメリカと日本のGDPは為替相場に影響を与えやすいので要チェックです。

またGDPには「名目GDP」「実質GDP」の二種類があります。

名目GDPは、生産された製品・サービスの付加価値を額面通りに合計した算出します。これに対して実質GDPは物価変動を考慮して数値を出していくので、経済の動向を把握する上では名目GDPよりも実質GDPの確認が重要です。

いなり先生
いなり先生
詳しい仕組みを理解する必要はありませんが、それぞれの経済指標がどういった理由で重要視されているのか?という点は理解しておきましょう。

XMで経済指標は禁止されていないのか?

XMでは経済指標を狙ったトレードは禁止されていませんが、ハイレバレッジでゼロカットを悪用するような短期取引を何度も繰り返すと規約違反になる場合があります。

XMで口座凍結・休眠口座になる原因と理由!稼ぎすぎは関係ない
XMで口座凍結・休眠口座になる原因と理由!稼ぎすぎは関係ないXMTradingの口座凍結について解説。口座が凍結されると出金もできず、解除や復活も難しいので凍結に至る理由や原因・条件をしっかり理解しましょう。XMで稼ぎすぎると口座凍結するという噂の真偽にも触れ、休眠口座との違いも説明します。...

経済指標の発表日前後は為替レートが大幅に変動することが多く、そのため経済指標の発表時にトレードを制限するFX業者も多いです。

XMでは大手海外FX会社の中では珍しく経済指標発表時でもトレードを継続して行えます。経済指標発表のタイミングに合わせてトレードを行うことで、大きな利益獲得を狙うことが可能です。

いなり先生
いなり先生
あまりにも過度なハイレバレッジ取引をやり過ぎると禁止事項に当たる場合もあるから注意してください!

XMの経済指標カレンダーを活用したトレードのコツ

XMの経済指標カレンダーを活用したトレードのコツとして「過去の発表時の変動幅を参考にする」「過去チャートで検証を行う」「経済指標の予想値と発表時間を確認」「新規注文と損切注文はセットで行う」という4つが挙げられます。

それでは各トレードのコツを紹介していきます。

過去の経済指標発表時の変動幅を調べる

経済指標を利用したトレードを行う際は、使用する経済指標が過去にどれくらいの価格変動を起こしたのかという点を必ず過去チャートで確認しましょう。

XM(XMTrading)の取引プラットフォームであるMT4/MT5を使えば過去のチャートを確認することが出来るため非常に便利です。

また、単に価格変動の幅を見るのではなく、実際に発表された指標の予想値・発表値との差を踏まえて、どのように値幅が動いているかチェックしましょう!

ブチにゃん
ブチにゃん
基本的に為替相場は過去と同じような動きをするので、過去相場の検証は非常に重要です。

過去チャートを活用してシミュレーション

MT4/MT5を使えば経済指標が発表された前後数日~数週間のチャートを利用して、取引シミュレーションを行うことも可能です。

チャートの動きはトレーダーの気持ち表しているため、指標発表によってチャートがどのように動いたか把握しておけば、経済指標発表時の注文・決済を正しく判断することに繋がります。

また経済指標で大きな上昇・下降が発生した後、そのトレンドが続くのか戻るのかという点についても注意して確認しておきましょう。

経済指標の予測値と発表時間を確認

経済指標の予想値・発表時間に関しては必ず事前に確認しておきましょう。

XM(XMTrading)の経済指標カレンダーでは発表時間・重要度・予想値・前回値が合わせて掲載されているため非常に便利です。

またオススメは指標が発表されてからのエントリー。指標発表までのエントリーはギャンブルになりがちなので、発表後の変動を確認して、動きに乗っていく方法が安全かつ利益を出しやすいです。

【XMTrading】初心者にオススメのインジケーター6選【勝率アップ】
【XM】初心者におすすめのインジケーター6選【勝率アップ】XM(XMTrading)で使うことが出来る初心者にオススメのインジケーターを紹介。初心者にインジケーターをオススメする理由と各種インジケーターの使い方・設定方法。さらにFXで勝つための根本的な考え方を説明しています。...

新規注文と損切注文はセットで行う

新規注文と損切注文を合わせて行うことも重要。経済指標発表時は為替レートが急激に変動するため、新規注文・損切注文を素早く判断しなければなりません。

しかし、損切注文を手動で行っていてはタイミングの逃してしまったり、『まだ上がるかもしれない』と損切り出来ずに躊躇してしまうということもありえます。

損切に関しては適切なタイミングで判断を行わないと損失が拡大してしまうので、新規注文をする際に同時に損切注文も行い、自動で損切りが行われるようにしておきましょう

XMの強制ロスカットはなぜ起きる?証拠金を知れば回避できる!
XMの強制ロスカットはなぜ起きる?証拠金を知れば回避できる!XMを含むFX業者では強制ロスカットという仕組みがあり、これによってトレーダーは証拠金以上の損失が出ないように守られています。しかし強制ロスカットはFX業者によって強制的にポジションが決済されるため、多大な損失となってしまう可能性も。無駄な強制ロスカットを避けて、XMで上手に資産を増やせるようになりましょう!...

経済指標トレードで注意すべきポイント3つ

経済指標を使ったトレードで注意するべき点としては「スプレッドが広がりやすい」「スリッページが発生する」「強制ロスカットされる可能性が高い」という3点が挙げられます。

  • スプレッドが広がりやすい
  • スリッページが発生する
  • 強制ロスカットされる可能性が高い

それでは経済指標トレードで注意すべき点について説明していきます。

スプレッドが広がりやすい

スプレッドとは取引の際にFX業者に渡す手数料なもので、エントリー時にスプレッド分がマイナスとなった状態で取引が始まります。

スプレッドは通貨ペア毎にある程度の値で固定されていますが、経済指標が発表される際はほとんどの通貨ペアで通常よりも広がる傾向にあります。

なぜスプレッドが広がるかというと、相場が急変動する経済指標時のトレードによってトレーダーに多額の損失が発生した場合の保険とするためです。

「経済指標発表時のトレードを行う場合はスプレッドも広くなる」ということを念頭に置き、事前にスプレッドを確認してから取引を行うようにしましょう。

【XMのスプレッド一覧】時間帯や狭い通貨を解説!広すぎるのに人気の理由は?
【XMのスプレッド一覧】時間帯や狭い通貨を解説!広すぎるのに人気の理由は?XMのスプレッドを通貨ペアやCFDごとに一覧で説明。スプレッドが広すぎると言われているXMですが、実際に広いのはスタンダード・マイクロ口座で、ゼロ口座ではスプレッドは狭いです。加えてスプレッドが広がる時間帯を解説すると共に、おすすめのスプレッドが狭い通貨を紹介しています。...

スリッページが発生する

スリッページとは、注文時の価格と実際に成立した注文価格の間で生じる差額のことであり、経済指標発表時は注文が一時的に集中することから、スリッページが発生しやすいです。

XMはスリッページがよく起きる?スリッページの許容範囲設定と約定力を調査!
XMはスリッページがよく起きる?スリッページの許容範囲設定と約定力を調査!XM(XMTrading)では注文価格と約定価格がズレる「スリッページ」がよく発生すると言われますが本当なのでしょうか?ここではスリッページについて解説すると共にXMのスリッページ許容範囲と約定力について調査しています。スリッページに関する口コミも紹介しているので参考にして下さい。...

スリッページは、ネットやスマホの通信環境の良し悪しによっても生じてきますので、出来る限りは通信環境が安定した場所でトレードを行うようにしましょう。

いなり先生
いなり先生
環境を整えるのも勝っていくためには必要だよ!

強制ロスカットされる可能性が高い

経済指標を狙ったトレードはハイリスク・ハイリターンのトレードであり、かつ事前に発表される指標を予想してエントリーするのはプロでもまず出来ません。

また急変動によって数百pips上のレートが動くことも多くあるため、自分の予想とは逆の動きをした場合、一瞬で強制ロスカットとなってしまう場合があります。

XMはロスカット水準を「証拠金維持率20%以下」としており、ロスカットされないためには証拠金維持率にゆとりをもたせて注文を入れるようにしてください。目安としては証拠金維持率が「200~300%」ほどあると安心です。

いなり先生
いなり先生
全ての資金を使うような無謀なトレードはやめようということです!
XMの強制ロスカットはなぜ起きる?証拠金を知れば回避できる!
XMの強制ロスカットはなぜ起きる?証拠金を知れば回避できる!XMを含むFX業者では強制ロスカットという仕組みがあり、これによってトレーダーは証拠金以上の損失が出ないように守られています。しかし強制ロスカットはFX業者によって強制的にポジションが決済されるため、多大な損失となってしまう可能性も。無駄な強制ロスカットを避けて、XMで上手に資産を増やせるようになりましょう!...

まとめ

XMの経済指標カレンダーは「経済指標の予測値・発表日時・重要度」を一目で確認できるため非常に便利であり、リスク回避や経済指標トレードを狙う際には必須であるということがわかりました。

  • XMの経済指標カレンダーでは「経済指標の予測値・発表日時・重要度」を一覧で確認することが可能。
  • XMでの経済指標トレードは直接禁止されてはいないが、無理なハイレバトレードは規約違反となる可能性がある。
  • リスク回避のためには重要経済指標が発表される際のトレードは控えるべき。
  • 経済指標トレードを行うなら証拠金維持率には気を付ける。

XM(XMTrading)の経済指標カレンダーは非常に便利で使い勝手がよく、経済指標発表時の急変動によるリスクを回避するためには必須です。

筆者としては経済指標発表時のトレードは推奨しませんが、リスク承知で大勝負に出る場合でもXMの経済指標カレンダーは必須と言えるでしょう。

今回の経済指標カレンダーのようにXMには便利なツールや仕組みが盛りだくさん。MT4/MT5でのトレードが出来るという点はもちろんの事、「豊富なボーナスで入金無しでもトレードが出来る」「ゼロカットシステムで入金額以上の損失が出ない」といったトレーダーへのメリットが充実している面も良いです。

FXを始めたいという方はXM(XMTrading)での取引を始めてみてはいかがでしょうか?

XMの口座開設はたったの3分で完了!スタンダード口座・レバレッジ888倍・MT5でFXを始めよう!

XMでトレードを始める!

この度ブチにゃんのTwitterアカウント『@Buchinyan79』を開設しました!基本的に趣味やFXの事をつぶやいているので気軽に絡んでください。質問がある方はFXに関する内容はもちろん雑談でもなんでもOKです!

どんなことを聞いていいの?
  • 〇〇っていうFX業者は安全?
  • XMの口座開設方法を教えて!
  • 自動売買(EA)で稼ぎ方を知りたい!
  • その他FXやXMに関する気になる事!

ブチにゃんのアカウントはコチラ:@Buchinyan79

ブチにゃん
ブチにゃん
趣味メインでたまにFXの事もツイートしてます!聞きたいことがあったら気軽にフォロー&DMお待ちしてます!
XM公式
ABOUT ME
ブチにゃん
小売業で地獄の低賃金&重労働をする中でFXと出会う。2020年は移動平均線を使ったデイトレードでMAX100万円/月ほどの利益!ロスカットを食らった回数は数知れず・・・夢の億り人(猫)に向けて勉強の日々です!
XM Trading (エックスエム トレーディング)
XMTrading公式ページXMTrading公式ページ
日本人が選ぶ人気No.1海外FX
オススメ度
レバレッジ
安全性
ボーナス
スプレッド
初心者向け
XM Tradingは多くの日本人トレーダーに選ばれており、最大レバレッジ888倍、追加証拠金なしのゼロカットシステムを採用。豊富なボーナスに加え、初心者でも安心して利用できるように日本語サポートにも対応している海外FX会社。
トレード可能端末
  • XMでトレード可能な端末(PC)

    PC

  • XMでトレード可能な端末(スマホ)

    スマホ

  • XMでトレード可能な端末(タブレット)

    タブレット

取り扱い通貨ペア
  • 通貨ペア

    通貨/57種

  • CFD

    CFD/42種

  • 貴金属

    貴金属/5種

XMの口座開設は3分で完了!スタンダード口座・レバレッジ888倍・MT5でFXを始めよう!

XMでトレードを始める!